2011年05月29日

WP7の游ゴシックをぶち込んでみる

最近公開されたWP7のデバイスエミュレータにWP7に新しく導入されることになった游ゴシックを微調整したものが入っているそうなので少し試してみました。

WindowsPCで見ると上下の行間がかなり広くとられてそうだったので、狭くなるように弄って早速HYBRID W-ZERO3に転送、等幅フォントなのでOperaMiniに設定してみました。



・游ゴシック(クリアタイプ)
yugo01.png

ビットマップフォントかと突っ込み入れそうになるくらい細いですね、これ。
行間弄ったせいでp・gなど下線より下部分が欠けちゃってます。


・游ゴシック(アンチエイリアス)
yugo02.png


yugo03.png

Regularはかなり細いのでアンチエイリアスだと滲みまくり…
下のjotは行間弄ってないverです。
サイズを大きくすればかなり良いフォントです。



・IPAゴシック
ipago.png

ちょっと古いバージョンのIPAゴシック(ビットマップ除去)です、結局これに落ち着く。BoldになるとOperaMiniで文字欠けを起こすのが問題。
posted by Andros at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Hybrid W-ZERO3(WS027SH)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
こんなブログRSSに登録する必要あるの?
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。