2015年11月20日

[Zenfone 5]システムフォントをroot権限なしで変更する

前回は壁紙と適当なホーム紹介でした、そこでさらりと流しましたがこっそりとシステムフォント変更してました。
rootなしでも出来る方法ですし、自分の備忘録として書いときます。

@ifont(インストールすると表示名は愛フォントになる)を使用します。
A途中で提供元不明のアプリのインストールを許可します、最後に忘れずに戻しましょう。
Bこれを読む前に入れたいフォントを探しておきましょう、アプリを弄ってると一見拡張子がttfのフォントしかインストールできないように見えますがotfフォントも突っ込めるのでご安心を。
C変更できるのはシステムフォントのみです、CHROMEのWEB表示用のフォントなど一部のフォントの変更はできません。
D変なフォントを設定して画面がどえらい事になっても(体験済み、泣きながら元に戻しました)当方は責任持てないので節度を持って行いましょう。

では続きを読むからどうぞ



@ifont 愛フォントのインストール
ifont01.jpg

ここから行くなりPlayストアでifontで検索するなりしてインストールしちゃいましょう。


A設定→セキュリティ→提供元不明アプリのインストールを許可 にチェックを入れる。


Bifont設定
まずは1回起動してから終了させます。するとディレクトリ(\ifont\custom)が出来ていると思うので、そこに適用したいフォントファイルをおもむろにぶち込んじゃいましょう。その時otfフォントは拡張子をttfに変えます、これ重要。
大事なことなのでもう1回言います、otfフォントは拡張子をttfに変えましょう。
ttcファイル?試してないからわからん!

では次にifontを起動して設定していきましょう。
起動したらMYタブを押して、My Fontをタップしましょう
ifont02.jpg

はい先ほど\ifont\customに入れたフォントが表示されましたねーインストールしたいフォントをタップ
ifont03.jpg

一番下にセットボタンがあるのでタップ
ifont04.jpg


はいここで先ほどの提供元不明うんぬんをONにしてない人は英語で「へいボーイ、設定してないぜ!設定画面に行くかい?」と聞いてくるのでyesを押せば設定→セキュリティが表示されます。

きちんと設定されてる人は「フォントを設定する」というダイアログと共になにやらカタコトなニッポンゴ!が表示されますが気にせずはいをタップ。
するとアプリをインストールするときの画面になるのでインストールしちゃいましょう。

ここまでくればあとは簡単、ifontに戻るとDQで装備品を買ったときのように装備していくかい?と聞いてくるのではいを押すと設定→ディスプレイをタップした時の画面になります。
そこでフォントスタイルを押して好きな物に変更しちゃいましょう。

これでフォントが変更できたと思います、ですがこれで変更できるのはシステムフォントのみです、CHROMEのweb表示用のフォントはどうやら指定されているようなので変更されません、これは悲しいですが仕方ありません、root権限が必要でしょう。chrome://* も全て当たってみましたが設定できそうにありません。
他にもアプリ側で指定されているものはどうしようもないので諦めましょう。
ifont05.jpg


では最後に大事なことを
C提供元不明アプリのインストールを許可をOFFにして作業は終了です。お疲れ様でした。
posted by Andros at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Zenfone 5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
こんなブログRSSに登録する必要あるの?
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。